JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

森林向けアプリプラットフォーム提供のマプリィ 森林総合研究所と共同研究開始2021年10月19日

一覧へ

森林管理や地域活動に役立つ地理空間情報アプリプラットフォームサービス「mapry」を提供する株式会社マプリィは、森林研究・整備機構 森林総合研究所と共同研究を開始。スマートフォンなど手軽なLiDAR機器を用いた森林の三次元測量手法の開発を進める。

マプリィは2019年に創業。iPhoneやiPadを用いた森林測量アプリケーションや周辺機器の開発に取り組み、スマート林業に不可欠なプログラミング技術などを培ってきた。一方、森林総研・北海道支所は、ドローンを使ったリモートセンシングや森林動態解析に関して豊富な研究実績がある。両者の共同研究を通じて、現場での使用に耐える高精度なアプリケーションサービスを確立。また、森林に関わるあらゆる人がより簡単・低コストに森林情報を取得・解析でき、林業や地域発展に役立てられるようにする。

共同研究では、スマートフォンやLiDAR機器によって取得した三次元点群データを用いて、立木直径や森林情報を測定する技術を構築し、その精度検証を実施。さらに、より洗練された森林測量を実現するアプリケーションや周辺機器の開発を行う。研究成果は科学雑誌や学術論文などで公表予定。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る