FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農水省「つなぐ棚田遺産オフィシャルサポーター」第1号に認定 さとふる2021年12月6日

一覧へ

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるは、農林水産省が創設した「つなぐ棚田遺産オフィシャルサポーター」第1号に認定された。オフィシャルサポーターとしてふるさと納税制度を活用し、棚田地域の魅力発信を通した地域活性化の取り組みを推進していく。

農水省「つなぐ棚田遺産オフィシャルサポーター」第1号に認定 さとふる

山の斜面や谷間の傾斜地に階段状に造られた水田である棚田は、日本の美しい景観のひとつ。一方、大きな機械を使った農作業が困難であるため、平地にある水田より労力がかかり、限られた面積で栽培するため収穫量が少ない。また、農家の高齢化や後継者不足により、全国各地で棚田が荒廃しており、地域の景観が損なわれるだけでなく、雨水や地下水を蓄える機能が失われ、地すべりや洪水の災害リスクが上がるなど、地域の課題となっている。

同社は、地域の課題解決をサポートするため、オフィシャルサポーター企業として各地の棚田米をふるさと納税のお礼品として寄付者へ届けるとともに、全国の棚田地域の魅力を発信し、棚田地域の活性化を目指す。

「つなぐ棚田遺産」は、農林水産省が棚田地域の振興に関する取り組みを積極的に評価し、棚田地域の活性化や棚田の有する多面的な機能に対する認知拡大などを目的に、改めて優良な棚田を認定する取り組み。農水省は、棚田地域の活性化の取り組みを広げ、多くの方に棚田の魅力を知ってもらうため「つなぐ棚田遺産オフィシャルサポーター制度」を創設している。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る