2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本食材を手軽にシンガポールへ 海外販路開拓支援サービスを開始 We Agri2022年3月28日

一覧へ

テックファームグループで農水産物輸出ソリューションを手掛ける株式会社We Agri(ウィ アグリ)は、日本産食材をシンガポール向けにECサイトや小売店、外食店などで販売できる海外販路開拓支援サービス「コネクトアジア」(仮称)を3月から始めた。

サービス提供イメージ

「コネクトアジア」は、デジタル化やデータ活用に関する最先端技術を活用した独自の流通プラットフォームにより、新たな顧客開拓や商品開発を支援するデータを収集。また、原材料の法規制確認など複雑な輸出関連業務をすべて代行することで、輸出業務から現地消費者やバイヤーなどへの認知を高める長期的なブランディングまで一貫してサポートする。初期費用は30万円、月額6万円で利用でき、販路を持たず輸出に必要な人材や予算が確保できない生産者や食品メーカーも手軽に海外進出に挑戦できる。

同社は、2010年からASEANの有望市場であるシンガポールを始めとしたアジア諸国をターゲットに、日本の農水産物や加工食品などの輸出事業を展開。コロナ禍の消費行動の変化に合わせ、ITを活用した農水産物流通プラットフォームを卸売から直販向けに展開するとともに、自社ECとして国内の消費者向けに「大田市場直送.com」、シンガポールの消費者とレストランなど小売店向けに、それぞれ「Tokyo Fresh Direct」と「Tokyo Fresh Biz」を開設し、高品質な生鮮品を中心とした日本産食材の流通拡大に務めている。また、農林水産省の農林水産物・食品の輸出拡大事業として、「日本食冷凍ミールキット販売プロジェクト」に参画し、冷蔵・冷凍品輸送のコールドチェーンやシンガポールの主要小売店への販路開拓による流通網を構築。2021年9月には、シンガポール向けに日本産スイーツを届ける越境EC「Ginza Sweets」を開設し、コロナ禍で落ち込むインバウンド需要を創出している。

こうした取り組みから、知見・ノウハウ・ネットワークを、生産者や食品メーカーに提供し日本の「食」を盛り上げるため、海外販路開拓支援サービス「コネクトアジア」(仮称)の提供を始める。現在はシンガポールのみの展開だが、今後はマレーシア、香港、台湾へのサービス展開に向けて準備を進める。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る