左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

12/8 名古屋で「水田輪作とICT」でマッチングフォーラム 農研機構2016年11月28日

一覧へ

 農研機構と農水省は12月8日(木)、愛知県名古屋市・名古屋国際センターで「水田輪作における省力・低コスト生産とICT・RTの開発・普及への取り組み」 をテーマにした東海マッチングフォーラムを共催する。

 大規模水田での稲や麦、大豆、野菜の栽培を中心とした栽培体系と、ロボット作業機や営農計画支援システムの開発状況を紹介する。
 開催日時は12月8日(木) 13時00分~17時30分。場所は愛知県名古屋市の名古屋国際センター 別棟ホール。
 当日参加も受け付けるが、資料の配布などの関係で事前登録をすすめている。登録は農研機構ホームページのオンライン参加申込のリンクから。
 開催内容は次の通り(敬称略)。
◎講演 13時15分~16時00分
ア) 水田輪作における多収・低コスト・省力生産技術体系
1.多収栽培と高能率作業による低コストな水田輪作体系 農研機構中央農業研究センター 生産体系研究領域 大下 泰生
2.湿害回避に有効な技術体系を用いた水田輪作体系 三重県農業研究所 農産研究課 川原田 直也
3.キャベツの省力・機械化栽培技術 滋賀県農業技術振興センター 栽培研究部 北澤 健
イ) ICT・RT(情報通信技術・ロボット技術)の実証
1.トラクタの協調作業システムとスマート農業システムを活用した営農実証 (株)クボタ 機械研究業務部 後藤 義昭
2.経済的評価からみた低コスト生産技術とICT・RT 導入のシナリオ 農研機構中央農業研究センター 農業経営研究領域 松本 浩一
3)総合討議 16時05分~16時45分
4)技術相談(パネル展示) 16時45分~17時30分

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る