人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

日本最大級ミニトマト生産拠点 茨城県常総市で完工し出荷開始 たねまき常総2023年5月29日

一覧へ

農業事業を展開する株式会社たねまきの関連会社、たねまき常総は、茨城県常総市内に日本最大級のミニトマトの生産拠点を完工し、5月下旬から出荷を開始した。

茨城県常総市で完工した日本最大級のミニトマトの生産拠点茨城県常総市で完工した日本最大級のミニトマトの生産拠点

同社は、テクノロジーの活用による持続可能な農業の創出、地域活性化を目指し事業を展開。2月にたねまき常総の大規模なミニトマトの生産拠点が完工した。敷地面積は約7ヘクタール、収量は年間約1000トンを予定しており、日本最大級のミニトマトの生産拠点として栽培する。

たねまき常総の施設は、オランダのボスマン社による、冷暖房完備、高軒高の最先端ハウスで年間を通じて安定的な収穫が可能。環境に配慮したトリジェネレーションシステムを採用し、重油より環境負荷の少ない液化天然ガスによる暖房と同時に発電も行い、エネルギーの効率化を図っている。また、糖度や酸度、重量の測定やパック詰め、出荷用資材の組み立てなどの作業を自動化しており、1日あたり最大で約5トンの選果作業ができる。

茨城県常総市で完工した日本最大級のミニトマトの生産拠点

他にも最先端の環境制御システムを導入し、二酸化炭素濃度や気温、湿度など、栽培に必要な条件をセンサーが感知し、それらの数値をもとにコンピューターが植物にとって最適な環境を24時間コントロール。また、労務や作業の管理に関するシステム開発も自社で行い、働きやすい環境を作り出すとともに、栽培に必要なデータを蓄積している。こうしたテクノロジーの活用により、「経験や勘」に頼ることの多かった農業から、誰でも働くことのできる、持続可能な農業への変革を図る。

今回の大規模な農場の稼働に伴い、たねまき常総農場での180人規模の採用を実現するなど雇用機会の創出にも取り組む。今後は、今回完工した農場の他にも日本各地への拠点の設立や、栽培品目の拡大も予定している。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る