人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

生物多様性損失度を輸入国別に視覚化 農畜産物別の影響を初めて評価2023年5月30日

一覧へ

森林総合研究所と総合地球科学研究所(地球研)の研究チームは、国際的に取り引されている48品目の農畜産物別の生産・消費が生物多様性に及ぼす影響を評価し、地図上で可視化した。48品目の中で、コーヒー、ココア、パーム油などは、特に生物多様性への影響が大きいことが改めて示された。同研究は、農畜産物を調達・消費する際に生じる生物多様性への悪影響を軽減するために役立つ。

GBIFのデータから7143種の生物種のデータをもとに、 「保全優先度」(CP、0~1)を0.5°グリッド(約60km四方)ごとに計算。 濃いピンクほどその場所の生物種が失われることによる生物多様性の損失が大きい

GBIFのデータから7143種の生物種のデータをもとに、
「保全優先度」(CP、0~1)を0.5°グリッド(約60km四方)ごとに計算。
濃いピンクほどその場所の生物種が失われることによる生物多様性の損失が大きい

人間が生活を営む上で、食糧となる農畜産物の生産、消費は不可欠だが、無秩序な農畜産物の生産、消費は、土地利用の大幅な改変につながり、生物多様性に悪影響を及ぼすおそれがある。こうした農畜産物の生産、消費、国際的な取引(貿易)が、どのくらい生物多様性に影響を与えているのかを評価することは、持続可能な社会への転換を進める上で重要な課題となっている。

農畜産物の生産、消費、貿易が生物多様性に及ぼす影響を把握し、社会にとってわかりやすい形で示すことにより、持続可能な社会への転換に向けた具体的な行動に結び付けるため、総合地球科学研究所(地球研)などの研究者からなる研究チームは、国際的に取引されている48品目の農畜産物ごとに生物多様性への影響を評価し、地図上で可視化することに初めて成功した。

生物多様性への影響の評価には、7143種の生物の生息地点情報をもとに算出した指標「保全優先度」(CP)を導入。世界197か国を細かなブロックに分割(グリッド化)し、48品目の農畜産物の生産場所が、それぞれどのくらい生物多様性の保全にとって重要な地域と重複しているかを分析することで、国別、農畜産物別の生物多様性への影響を地図上に表示した。

48品目の中で、国際的に消費が拡大しているコーヒー、ココア、パーム油などの生産は、特に生物多様性への影響が大きいことが示された。同研究チームは、「国際的なサプライチェーンを担う企業などが農畜産物を調達する際に、いかに生物多様性への影響を減らせるか工夫するなど、経済活動に活かして欲しい」としている。

同成果の論文は、米国科学アカデミー紀要(PNAS:Proceedingsofthe
NationalAcademyofSciences)に5月31日(日本時間)に掲載される。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る