想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2027年までの予測期間で16.1%以上の成長率 世界の生物殺菌剤市場予測2020年10月7日

一覧へ

Kenneth Researchは10月5日、調査レポート「世界の生物殺菌剤市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」を発刊した。

2027年までの予測期間で16.1%以上の成長率 世界の生物殺菌剤市場予測

調査レポートは、2020〜2027年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供。世界の生物殺菌剤市場は2019年に約14億米ドルと評価されており、2020年から2027年の予測期間にわたって16.1%以上の成長率で成長すると予想されている。

生物殺菌剤は、微生物を有効成分として含む殺菌剤。作物における真菌病原体の拡散を制御するために使われ、果物や野菜、シリアル、穀物、油糧種子、豆類の農業における害虫駆除としても使われる。

世界の生物殺菌剤は、新型コロナウイルスの影響で農業とサプライチェーンの一部の活動に混乱が生じ、課題に直面。しかし、各国政府は危機に対応するためにいくつかの措置を講じ、インド準備銀行(RBI)も、COVID-19パンデミックによる「債務返済の負担」を発表した。

農業期間および作物ローンは、銀行機関から3か月のモラトリアム(5月31日まで)が付与されており、借り手に対して最大30万インドルピー (39367.50米ドル) の作物ローンの金利が3%譲歩されている。さらに、合成植物保護剤の使用に関連する規制圧力と有害な影響は、予測期間中の市場の成長に責任がある要因となる。総合的病害虫管理ソリューションへの関心の高まりと、生物学的製品の採用を促進するための有機製品への嗜好の高まりも、市場の成長を後押し。Statistaによると、有機食品の世界的な売上高は2000年には180億ドルで、2018年には950億ドル増加した。

植物の成長に対処し、土壌の健康を維持し、植物の栄養素の摂取量を改善する自然なアプローチとして、バイオ殺菌剤製品の適用は、さまざまな環境に配慮した市場で増加している。

生物殺菌剤は、成長期の作物の保護を支援するだけでなく、収穫後の保管および輸送中に長期にわたる保護活動を示す。しかし、生物学的製品の使用に関する技術的限界と、対応する化学製品と比較した生物殺菌剤の頻繁な再適用の必要性は、世界的なバイオ殺菌剤の成長を抑制する主な要因となる。

持続可能な農業への移行

有機製品の需要の急増は、健康関連の消費者の増加だけでなく、購買力の増加と有機作物をより健康にする強化された農業慣行のために急成長している。その結果、世界中で増加する有機食品の需要により、予測期間中にバイオ殺菌剤市場を牽引すると予測される有機農業の領域が拡大。化学物質ベースの作物保護製品の使用に対する厳格な政府のプロトコルも、全体的な成長に大きく貢献している。

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれる。

市場セグメンテーション

世界の生物殺菌剤市場は、タイプ別(微生物種および植物)、形態別(水和剤、水溶液および顆粒)、種別(バチルス、トリコデルマ、シュードモナス、ストレプトマイセスおよびその他の種)、用途別(葉面散布、土壌処理、種子処理およびその他の施用方法)、作物タイプ別(果物と野菜、穀物、油糧種子と豆類およびその他の作物)および地域別などによって分割されている。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されている。

世界の生物殺菌剤市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割。北米は、総合的病害虫管理ソリューションの使用が増加しているため、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域であり、市場の成長をリードしている。一方、アジア太平洋地域も2020-2027年の予測期間にわたって最高の成長率/ CAGRを示すと予想される。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る