Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

4.2馬力エンジン搭載 家庭菜園から農家まで対応のミニ耕うん機「YK400CR」発売 ヤンマー2021年5月26日

一覧へ

ヤンマーアグリは6月1日、家庭菜園から農家まで対応する軽量・コンパクトで取り回しやすいミニ耕うん機「YK400CR」を発売する。

ヤンマーミニ耕うん機YK-MRシリーズで好評の「ALL-IN-ONE」を採用ヤンマーミニ耕うん機YK-MRシリーズで好評の「ALL-IN-ONE」を採用

2020年から続く新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす時間の増加にともない家庭菜園を楽しむ人が増えている。「YK400CR」は、ハンドル荷重を抑えた取り回しのしやすい本機に4.2馬力エンジンを搭載し、安定した耕うん作業ができるミニ耕うん機として、家庭菜園を営む農家から非農家まで対応する。

ミニ耕うん機「YK400CR,ZLE」ミニ耕うん機「YK400CR,ZLE」

「YK400CR」は、軽量でコンパクトなボディと、ハンドル荷重を低減した前後バランスの良さで、楽に取り回しができ、作業時には燃料タンクキャップが機体中心にあるので、直進時の目安となる。ZL仕様、ZLE仕様は、ヤンマーミニ耕うん機YK-MRシリーズで好評の「ALL-IN-ONE」を採用。コンパクトでありながら「耕うん・うね立て・移動」が1台で行え、片手で作業と移動を切り替えられる。

また、初めてでも迷わず使えるシンプルな操作性が特長。ZLE仕様は、セルスタータ式により手元のキースイッチを回して簡単にエンジンを始動・停止でき、ZL仕様とシンプル仕様は、ロープを引いてエンジンを始動するリコイルスタータ式と、万一のときもポンと押すだけでエンジン停止ができる「エンジンスイッチ」を手元に装備している。

作業や後進、移動は、「変速レバー」1本で切り替えられ、主クラッチレバーを握ると進み、離すと止まるシンプル操作により、機械に不慣れでも簡単に作業できる。また、まっすぐ作業したい時には「旋回レバー」を<直進>へ、旋回など小回りを利かせたいときには<旋回>へ入れると、左右のタイヤのデフがロックまたはフリーになり、快適に作業ができる。

さらに、ZL仕様、ZLE仕様は、中央の爪が逆回転する「一軸正逆転ロータリー」により、未耕地など硬いほ場でも素早く爪が土に食い込み、深く耕。耕うん中の飛び出しを軽減する。シンプル仕様は、「正転ロータリー」を採用。最大出力4.2馬力のエンジンを搭載し、150mmの最大耕深でしっかり耕せる。また、「耕深調節棒」によりほ場の状態に合わせて6段階に耕深調節が可能。耕うん後はリヤシートで整地するため、500mmの広い耕うん幅がきれいに仕上がる。

ヤンマーミニ耕うん機 YK400CR(ZL/ZLE/シンプル)のメーカー希望小売価格は、17万3800~24万3100円(税込)。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る