JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

初心者も簡単 おうち時間に「ヒヤシンスの水栽培」提案 タキイ種苗2021年10月11日

一覧へ

タキイ種苗は、“おうち時間”を活用し、秋からの栽培で来春にはきれい花を初心者でも簡単に楽しめる「ヒヤシンスの水栽培」を提案している。

初心者も簡単 おうち時間に「ヒヤシンスの水栽培」提案 タキイ種苗ヒヤシンスは、シリア、イラン地方の原産で、ユリ科の球根草花で、その香りと美しい色彩で人気が高い。砂地でよく生育し、横向きの小花が20~40個ほど房状に着く。

栽培で用意する物は、「球根」「ビン」「水」の3つだけ。ビンは、球根よりも1まわり大きいもので、水栽培用の容器も市販されている。牛乳ビン、洋酒ビン、コップなどでも代用でき、透明な容器で栽培すると花とともに美しく伸びた白い根の姿も楽しめる。

栽培のスタートは、11月~12月頃がおすすめ。開花するまで3~4か月かかるため、2~4月のベストシーズンに花を楽しめる。

初めは球根の底部が水面に軽くふれる程度の水を与え、根が伸び出したら、根の長さの3分の2ぐらいが常に水に浸っているように管理。1か月に3~4回、3分の2ほど水をとりかえるが、このとき、球根を上から手で押さえて、そのまま容器をさかさまにして水を流す。根をビンから抜き出すと次に根が入らなくなり、根が折れることもあるので注意する。

初めは半日陰に置くか、押入れやクローゼットなどの暗い所に置く。またが新聞紙で覆いをしておくと、根が綺麗に伸びてくる。葉が伸びるに従い日光に当て、その後は終日当てるようにする。ただし、根が十分に伸びきるまでは、日光に当てないように管理する。

栽培方法とポイント栽培方法とポイント

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る