コラム 詳細

コラム:正義派の農政論

【森島 賢】

2014.12.08 
玉虫色の自民・民主TPP公約一覧へ

 選挙戦が、たけなわである。
 TPPは、農政の今後を大きく揺るがす政策である。
 選挙後の新年から、TPP交渉が再開される。妥結するにしろ、長期中断するにしろ、いずれ決着するだろう。いまのままで妥結すれば、これまでの農政は、全て吹き飛んでしまうだろう。
 選挙公約などで、2大政党である自民、民主の両党のTPP政策をみると、見分けがつかぬほど、よく似ている。しかも、どうにでも解釈できるほどに玉虫色である。
 これでは、2大政党以外の政党に投票するか、2大政党なら候補者個人のTPP政策を、よくよく吟味して投票するしかない。

 選挙公約などで、各政党のTPP政策をみてみよう。そこには、維新の党のような積極的賛成派から、共産党のような即時撤退派まで、さまざまな政策を掲げている。賛成派から反対派までの序列は、次の図のようになるだろう。

TPP賛成派と反対派の政党序列

 ここで問題なのは、2大政党の民主党と自民党が、同じように聖域を守り、国益を確保する、と言っていることである。これでは選択できない。しかも、玉虫色である。

 「聖域を守る」とは何か。それは、聖域である重要5品目などの関税切り下げを、断固として拒否することである。
 しかし、両党は昨年4月に国会で決議したように、重要5品目の関税をゼロにしない、というだけである。これでは玉虫色で、どうにでも言い逃れできる。
 極端なばあい、5品目のうちの1品目、たとえば米だけ関税をゼロにしなければ、他の4品目の関税は、全てゼロにしてもいいことになりかねない。米だけ1%の関税を残せば、それで国会決議を守った、と言い逃れをするだろう。それでは、日本の農業は壊滅する。

 「国益を確保する」とは何か。いったい誰にとっての国益か。それは、99%の人たちを含む全ての国民にとっての利益である。
 しかし、財界の利益だけが国益で、99%の人たちは、財界から滴り落ちる利益を待て、というのだろう。待てば、やがて財界の利益が全ての国民の上に滴り落ちて、国益を確保することになる、という言い逃れをするだろう。
 だが、99%の人たちは、いつまで待っても、利益は滴り落ちてこないだろう。それどころか、99%の人たちの利益を大きく損なうことになる。

 こうした悪質な言い逃れは、封じなければならない。
 今度の選挙で、こうした言い逃れに鉄槌を下さねばならぬ。2大政党以外の政党に投票するか、2大政党に投票するなら、候補者がどのようなTPP政策をもっているか、しっかりと見定めて投票しなければならない。
 投票した候補者が議員に当選したばあい、その議員は自分の反TPP政策をつらぬくか。もしもTPP交渉が自分の政見に反して妥結したらどうするか。
 TPPの妥結結果は、国会で批准投票することになる。そのとき、反対票を投じるか、党議に反し、党からの除名を覚悟してでも反対票を投じるか。そのことを明確に公約している候補者かどうか。いまこそ、それを厳しく見極めて候補者を選ばねばならない。

(前回 農林水産物輸出の危うさ

(前々回 晴れのち嵐の農政

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ