金融・共済 ニュース詳細

2017.11.29 
安定的に収益を確保-農林中金上半期決算一覧へ

 農林中央金庫は11月22日に2017年度上半期(9月末)決算を公表した。外貨調達費用の増加などで経常利益は前期比減となったが1426億円を確保した。

 経常収益は前期比554億円増の7560億円となった。うち資金運用収益は同814億円増の5890億円となった。
 一方、経常費用は同1011億円増の6134億円となった。このうち資金調達費用は同938億円増の4909億円となった。米ドル金利の上昇で外貨調達費用が同1096億円増となった。
 その結果、経常利益は同456億円減の1426億円、純利益は同369億円減の1065億円となった。自己資本(バーゼルⅢ国際統一基準)比率は、普通出資等Tier1比率が3月末比▲0.59%の18.72%、Tier1比率が同▲0.59%の18.75%、総自己資本比率は同▲0.85%の23.54%となった。

 

(関連記事)
「企業から家計へ」所得還元見込む 農中総研が2017~18年度経済見通し(17.11.24)
わずか1時間足らずで完売 JA共済・早稲田大学寄付講座『東北まるしぇ in JA共済ビル』(17.11.24)
【意見交換】「系統の資本持合規制」見え隠れ(17.11.20)
「バーゼルIII」へ対応を 地域経済配慮し国内法制化【高島浩・農林中金総合研究所理事研究員】(17.11.08)
秋の味覚で東北復興を応援 全中・経団連等がマルシェ(17.11.02)
世界初 2センチ精度で飛ぶ完全自動ドローン(17.10.11)

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ