米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.01.19 
29年産米 相対取引数量前年比74%-12月一覧へ

 農林水産省は1月17日、29年産米の12月相対取引価格などを公表した。

 全銘柄平均価格で60kg1万5624円となった。前月比101%、前年比109%となった。
 昨年秋の出回りから12月までの年産価格は同1万5539円で前年比109%となっている。
 相対取引数量は30万3022tで対前月比130%だが、前年比では74%と全体では大きく遅れている。
 銘柄別に取引数量を前年とくらべると、前年比10%台の銘柄から400%~600%台まで大きくばらつきが出ている。

 

(関連記事)
29年産米集荷数量 前年比20万t減-11月末現在(17.12.28)
29年産米の値上がりと30年産問題(17.12.18)
29年産米 昨年比約1100円高-10月相対取引価格(17.11.15)
30年産の価格が分かる「コメ先物市場」(17.11.06)
29年産米 事前契約134万t(17.10.30)
木徳神糧と業務提携契約を締結-JA全農(17.10.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ