農政 ニュース詳細

2018.03.10 
ジビエ利用モデル17地区を選定一覧へ

・持続的なビジネス展開に活路

 農林水産省は3月9日、「ジビエ利用モデル地区」として全国から17地区を選定した。

 ジビエ利用の拡大に当たっては、シカやイノシシの一定規模の処理頭数を確保し、食品衛生管理の徹底に取り組みつつ、捕獲から搬送・処理加工、販売がしっかりつながってビジネスとして持続できる安全で良質なジビエの安定供給を実現することが重要だ。今回の選定は、先導的な取り組みなどを定めたマスタープランにもとづいて17地区を選定した。選定地区は次の表の通り。

ジビエ利用モデル地区の選定として全国から17地区を選定○問い合わせ先:農水省農村環境課鳥獣対策室
○TEL:03-6744-2196

 

(関連記事)
ジビエ利用量1000t-農水省(18.02.15)
農水省食堂で鹿肉堪能 ジビエ(17.04.24)
プロ向け国産ジビエ料理セミナー(17.09.13)
日本ジビエ振興協議会 一般社団法人に(17.03.22)
【ジビエとは何か】 日本ジビエ振興協議会・藤木徳彦理事長(16.10.18)
(018)「ジビエ・カー」に拍手を送りたい!(17.02.10)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ