コラム 詳細

コラム:読書の楽しみ

【浅野純次/石橋湛山記念財団理事】

2019.06.20 
【浅野純次・読書の楽しみ】第39回一覧へ

◎森功
『官邸官僚』
(文藝春秋、1728円)

 現政権になってから官邸パワーは驚くほど強化されました。安倍一強は自民党内部の力関係でもありますが、強力無比の官邸とセットになっての話といえるでしょう。これは、その内幕本です。
 本書は、官邸を取り仕切る今井尚哉政務秘書官の豪腕ぶりから始まります。経産省で原発畑を歩み安倍首相の信頼が絶大なことが力の源泉のようですが、政務秘書官という立場は5人の事務秘書官の上に立つ、官邸の最高権力です。
 その上には首相と官房長官しかいませんが、両者の信頼を得ている限り絶対的権力者と言っても過言ではありません。その力は中ロなどとの外交関係にまで及びます。外務省もまさに顔色なし、です。
 その他の秘書官も首相の権威をバックに霞が関に睨みを利かせています。その背後には主要官僚人事を差配する内閣人事局があります。そして誰もが一目置かざるをえない官邸ポリスも。そうした官邸内官僚たちの実力、思惑、関係などが丹念に掘り起こされます。
 政治家の動静よりも官邸内部の動向が日本を左右しているとさえ思わせる一部始終には引き込まれます。側近政治の罪は重大であり、首相の分身か化身かとさえ言われる人たちの素顔を描いた、見逃せない一冊です。

 

◎日本植物病理学会
『植物たちの戦争』
(講談社ブルーバックス、1080円)

 これも植物は賢いという類いの本かもしれません。副題は「病原体との5億年サバイバルレース」、帯には「動けない植物の仰天の戦略」とあります。
 畑の土4グラムの中には100万種類、80億もの微生物がいるのだそうで、その微生物たちは植物のためになる場合もあれば、さまざまな病気を引き起こしもします。
 普通は動くほうが有利、動けないほうは不利ですが、病原体に攻めこまれるままじっとしていては植物も勝ち目がないので、絶妙な手段を講じます。
 (1)植物表層には病原菌は付着しにくいので侵入経路を防ぐ(2)抗菌性物質を作り出す(3)病原菌を巻き込んで焦土戦術を企む(4)病原菌を兵糧攻めする。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、詳細は本書でどうぞ。
 病原菌と植物との戦いは一対一というよりも集団対集団の関係であるという説明も面白い。これは農業関係者にも大いに参考になる話でしょう。専門的な説明が続くので、その点、含んだうえ買い求めてください。

 

◎垣谷美雨
『農ガール、農ライフ』
(祥伝社文庫、745円)

 著者の『老後の資金がありません』をこの欄で紹介しましたが、この本も展開も語り口も達者なものです。
 付き合っていた男と別れ、裏切りにあい、住むところも見つけられない33歳の女性が、意を決して農業の世界に飛び込む話。県立農業大学校で半年間、学び、農業を始めようとするのですが、農地もアパートもなかなか貸してもらえず、やっとのことで始めた野菜作りもちっとも儲けにつながりません。
 婚活パーティに行っても理想の男には振られ、うだつが上がらぬことばかり。しょげたり、励まされたり、ちょっと元気になったりの連続ですが、周りの女たちの生態も面白く、最後は希望が持てそうな余韻を残して大団円へ。落ち込みがちな女性に元気をくれる小説と言いましょうか。
 農家の人たちが無気力だったり自分勝手だったりというステレオタイプな決め付けが気に入りませんが、そこさえ乗り越えれば面白く読めるはずです。

 

本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。
浅野純次・石橋湛山記念財団理事の【読書の楽しみ】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ