人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

政府備蓄米(せいふびちくまい)

一覧へ

1993年(平成5年)の大凶作を受けて、1995年から法律で国による米の備蓄を制度化した。適正備蓄水準を100万t程度として運用。10年に1度の不作(作況92)や、通常程度の不作(作況94)が2年連続しても国産米で対処できる水準だとしている。政府による買入・売渡が市場へ与える影響を避けるため、通常は主食用に備蓄米の売却は行わない。毎年、播種前契約で20万t程度を買い入れ、通常は5年持ち越し米となった時点で飼料用などとして売却している。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る