想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米卸の再編など 事業戦略支援を強化―全米飯2017年6月12日

一覧へ

 全米飯(全国米穀販売事業共済協同組合)は6月8日の総会で28年度の事業・決算報告と29年度事業計画を承認した。29年度は30年産からの米政策の見直しに向けた生産・消費動向などについての情報発信とともに、業界の再編等をにらみ、組合員各社の事業戦略強化を支援に力を入れる。

 平成30年産以降、行政による主食用米の生産数量目標の配分が実施されないなか、生産者自らの経営判断で需要に応じた生産を行うことが求められいるが、流通ルートでもネット販売の拡大などさらに「複線化」が鮮明になってくる。  こうしたなか米卸業界は産地・農業団体とのマッチングなど仕入れの多様が求められてくる。  一方、農業者の所得向上を実現するため、農業関連業界の再編・参入促進など環境整備を図る農業競争力強化支援法が今国会で成立し8月から施行される予定となっている。同法制定の契機となった、昨年秋に政府が取りまとめ 平成30年産以降、行政による主食用米の生産数量目標の配分が実施されないなか、生産者自らの経営判断で需要に応じた生産を行うことが求められいるが、流通ルートでもネット販売の拡大などさらに「複線化」が鮮明になってくる。
 こうしたなか米卸業界は産地・農業団体とのマッチングなど仕入れの多様が求められてくる。
 一方、農業者の所得向上を実現するため、農業関連業界の再編・参入促進など環境整備を図る農業競争力強化支援法が今国会で成立し8月から施行される予定となっている。同法制定の契機となった、昨年秋に政府が取りまとめた農業競争力強化プログラムで米の流通、加工の合理化を進めることとされている。
 こうしたなか全米販は29年度、買取販売を増加させるなどの全農改革の機会も捉え、組合員企業の川下・川上への進出、流通合理化など、事業戦略を支援する体制を構築する。そのため4月1日に全米販に事業戦略支援室を新設した。
 また、米取引の活性化と組合員企業の取引環境の整備にも力を入れる。米流通の多様化にともなう仕入支援の一環として、これまで取り組んできた稲作経営者会議、日本農業生産法人協会などとの連携を図る。
 情報提供にも力を入れ組合員に提供している週2回のコメ速報では、米政策の見直しの施策動向、産地の作付け動向など事業戦略強化に関わる情報発信に努めるほか、データベースの構築も図る。
 事業としてはおこめ券販売計画(29年度800万枚)の達成に努めるとともに、ごはんファンの獲得を目的に27年度に開設したウェブ・マガジン「ごはん彩々」では、サイトで紹介された米の通販も開始する。
 9日に記者会見した木村良理事長は業界再編という「ヨコの動きだけなく、産地や需要を取り込んでいくタテの動きも重要」などと、安定した調達先や販路の拡大も課題だと強調し、各企業が「特技を生かさなければならない。スピード感を持ちながら支援をしていきたい」などと話した。
 

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る