想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

多収でβ-グルカンが多い"もち麦"新品種「きはだもち」を育成2019年11月12日

一覧へ

 農研機構は、「機能性成分」である水溶性食物繊維β-グルカンを多く含むもち性大麦(もち麦)の新品種「きはだもち」を育成した。関東~東海地域向けで、栽培しやすく食感も良好だという。

穂揃期の「きはだもち」の草姿穂揃期の「きはだもち」の草姿

 食感が良く、水溶性食物繊維のβ-グルカンを多く含むもち性大麦(もち麦)の需要が急増しているが、国内のもち性大麦の生産量が不足しているため、需要量の約9割を外国からの輸入麦に頼っている。一方で消費者の根強い国産志向に応え、もち性大麦の国内生産の拡大を図るためには病害に強く、従来の一般的なうるち性大麦と同等以上の収量を持つもち性大麦品種の育成が必要とされる。

 このほど農研機構の次世代作物開発研究センターが育成したもち性大麦の新品種「きはだも ち」は、大麦の重要病害であるオオムギ縞萎縮病に抵抗性があり、穂発芽しにくく、耐倒伏性に優れ、既存のもち性大麦品種と比べて多収。また、もち性大麦品種の中でもβ-グルカン含量が高く、食感も良好だという。
 栽培適地は主に関東から東海地域の無雪地帯。すでに千葉県と栃木県内では栽培が始まっている。
 もち性大麦を原料とした各種製品の開発による町興しや6次産業化による地域農業の活性化に貢献することが期待されている。

「きはだもち」の病害抵抗性、障害耐性「きはだもち」の病害抵抗性、障害耐性

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る