人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

「横浜お米すなっく」横濱ブランドに認定 最優秀の横浜市長賞受賞 ミツハシライス2024年2月20日

一覧へ

「ミツハシライス」の株式会社ミツハシが発売する、「横浜お米すなっく(のり塩/コンソメ風/ブラックペッパー)」が、2年に1度選ばれる横濱ブランド「YOKOHAMA GOODS 001」第20期の認定審査会で、食品の中で最優秀にあたる横浜市長賞を受賞した。

「横浜お米すなっく」横濱ブランドに認定 最優秀の横浜市長賞受賞 ミツハシライス

「ヨコハマ・グッズ001(ゼロゼロワン)」は、1989年の市政100周年を記念し開催された横浜博覧会(YES'89)を機に始まった横浜ブランドの育成事業。横浜ならではの土産や商品を通じて、官民が一体となり、横浜の魅力を全国に発信している。

2年に1度の審査会は、審査委員が味、見た目、価格や横濱らしさの観点から段階評価と定性評価が行われ、最後に総合審査で評価が決まる。第20期(2024年4月~2026年3月)は、2023年11月に審査会が行われ、89社の177品が認定。この中から、市長賞2品(食品1品、非食品1品)と、審査員特別賞6品が選ばれた。

横浜市長賞を受賞した「横浜お米すなっく」横浜市長賞を受賞した「横浜お米すなっく」

ミツハシライスの「横浜お米すなっく」は、このほど初めて認定され、食品の中で最優秀に当たる横浜市長賞を受賞。地産地消として横浜の農業に貢献していることや、美味しいだけでなくアレルゲンフリーである安全性などが高く評価された。

また、第20期の審査会ではミツハシライスの「横濱お米かりんと」と横浜市産「はるみ」使用のキューブ型のお米「横浜米LINK」も認定された。「横濱お米かりんと」は第19期の審査員特別賞の受賞から2期続けての認定、「横浜米LINK」は今回が初認定となる。

「横浜お米すなっく」(330円・税込)は、横浜市産の米を100%使用したお米のスナック菓子で、フレーバーはのり塩・コンソメ風・ブラックペッパーの3種類。グルテンフリーでアレルゲン28品目不使用。パッケージは、港町横浜をイメージした可愛らしい水兵さんのキャラクターデザインのチャック付きパウチで、子どものおやつやおつまみにもおすすめ。

横浜ブランドに初めて認定された「横浜米LINK」横浜ブランドに初めて認定された「横浜米LINK」

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る