JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
ベリマークSC:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

家庭内消費 さらに拡大が重要-Jミルク2021年8月20日

一覧へ

Jミルクは8月19日に需給短信を公表した。直近の飲用需要は低調に推移しており家庭内消費の拡大が重要としている。

6月の生乳生産量は全国で64万1000tで前年同月比102.8%。北海道は36万1000tで同103.2%、都府県は28万tで同102.2%となった。

生乳生産は北海道、都府県ともに好調だったが、飲用需要については同99%と前年を下回ったことから、乳製品向け処理量は同107.8%と前年を大きく上回った。

脱脂粉乳の推定出回り量は同107.6%、バターは同121.8%と前年を大きく上回ったが、在庫量は脱脂粉乳同104.2%、バター同109.4%と引き続き高水準で推移している。

直近の動向では生乳生産は猛暑の影響で7月下旬から全国的に伸び率が大きく減少しているが、台風や大雨の発生と気温が平年を下回って推移していることから、今後の影響を注視する必要があるとしている。

また、牛乳類の消費は8月の第2週から販売個数が減少しており、全国的な悪天候や気温の低下が影響しているとJミルクは推察している。

新型コロナウイルス感染症の全国的な拡大で緊急事態宣言の発令地域の拡大や期間の延長が決まった。そのため引き続き業務用需要は厳しい状況が続くことが考えられることから、業界として家庭用を中心とした需要拡大に積極的に取り組むとともに、学校給食が再開される9月の需要期の安定供給に向けた準備が重要となるとしている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る