左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
JA全中中央①PC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

感染牛の早期発見と診断精度向上 新規ヨーネ病遺伝子検査キットを製品化2023年11月29日

一覧へ

農研機構とニッポンジーンは、主に牛の病気であるヨーネ病の新しい診断薬として、2種類の遺伝子検査キット「ヨーネ・ファインド」と「ヨーネ・ファインドプロ」を製品化した。スクリーニング検査に用いる「ヨーネ・ファインド」は、現行検査法より半年以上早く感染牛を発見でき、確定検査に用いる「ヨーネ・ファインドプロ」は、特異性が高く正確な診断が可能。2つの検査を組み合わせることで、感染牛の早期発見と診断精度の向上が見込まれ、国内のヨーネ病清浄化の推進が期待される。

慢性の下痢で極度に痩せたヨーネ病発症牛慢性の下痢で極度に痩せたヨーネ病発症牛

ヨーネ病は、牛などの反すう動物が慢性下痢を示す細菌感染症で、家畜伝染病予防法において家畜伝染病に指定されている。有効なワクチンや治療法がないため、定期的な検査によって感染牛を見つけ、農場から排除することで清浄化を進めているが、依然として全国的に発生が確認されており、国内では年間1000頭程度が患畜と診断され殺処分されている。

ヨーネ病の清浄化には感染牛の早期発見が重要だが、感染牛の多くは数年間にわたり全く症状を示さないために発見が難しい一方、無症状でも長期間、糞便中に菌を排出していることがある。現行の検査法の課題として、こうした無症状排菌牛が発見されずに農場の汚染を拡大し、対策が長期化することが挙げられている。

農研機構とニッポンジーンは、感染牛の早期発見と診断精度の向上を目指して、リアルタイムPCRを用いた2種類の新しいヨーネ病遺伝子検査法を開発。検査キットとして製品化した。そのうち、「ヨーネ・ファインド」は、糞便中のヨーネ菌遺伝子を検出するキットであり、感染疑いの牛をふるい分けるスクリーニング検査に用いる。同キットを用いることで、現行のスクリーニング検査法である抗体検査より半年以上早く感染牛を発見することが可能となる。

一方、「ヨーネ・ファインドプロ」は、スクリーニング検査で陽性になった牛が真の感染牛であるか診断するための確定検査に用いる。蛍光標識プローブを用いた特異性の高いリアルタイムPCR法へ改良されており、正確に感染牛を特定できる。

製品化したヨーネ病遺伝子検査キット製品化したヨーネ病遺伝子検査キット

「ヨーネ・ファインド」と「ヨーネ・ファインドプロ」は、動物用体外診断用医薬品として承認。今後、国が定める家畜伝染病予防法施行規則別表第1に記載され、全国のヨーネ病検査に活用されることが期待される。

両キットは11月28日にニッポンジーンから発売された。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る