人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

「酪農応援プロジェクト」3月6日9時は『ミルクの日のミルクの時間』に認定 中央酪農会議2024年2月29日

一覧へ

中央酪農会議は、「酪農応援プロジェクト」の一環で、"ミルク"の語呂にちなんだ"3月6日 午前・午後9時"を、「ミルクの日のミルクの時間」として日本記念日協会に申請し、正式な記念日・記念時間として認定された。日本記念日協会による、記念「時間」の認定は初。これを機に同会は、消費者に牛乳の飲用や、ソーシャルメディアでの投稿等を呼びかける。

酪農応援アンバサダーの「高嶺のなでしこ」酪農応援アンバサダーの「高嶺のなでしこ」

「酪農応援プロジェクト」は、飼料価格高騰等による経営難など厳しい状況に直面する酪農家の現状を広く伝え、安全・安心でおいしい牛乳の魅力を訴求し消費量拡大を図る取り組みとして、2023年10月にスタート。同プロジェクトではアイドルグループ「高嶺のなでしこ」を"酪農応援アンバサダー"に起用し、世界食料デーの10月16日には楽曲「いつか私がママになったら」と「酪農家メッセージ動画」を公開するなど、「いただく命」と「その命を育む人」への「ありがとう」の気持ちを様々な形で発信してきた。

今回の「ミルクの日のミルクの時間」の制定を記念し、中央酪農会議は、ソーシャルメディア上で消費者に、3月6日9時を契機とした牛乳飲用や投稿を呼びかける。さらに、インターネットの気象総合サイト「ウェザーニュースLiVE」の番組内で、特別企画「酪農応援ニュース」を3月6日から放送開始。放送は全3回で、「高嶺のなでしこ」のメンバーが酪農家を訪ねたレポートや、ミルクがおいしく感じる天気の指数などを届ける。また、同日、酪農応援プロジェクトの内容を映像化したデジタルサイネージ広告を東京・渋谷のシンクロ7シブヤヒットビジョンに掲出し、若い世代に酪農について伝えるための広報活動を実施する。

さらに、「高嶺のなでしこ」出演の「ヒミツのミルクイズ挑戦動画」も3月6日から順次公開。「ヒミツのミルクイズ」は、牛乳や酪農に関するクイズを楽しめる中央酪農会議のwebページの企画で、知っているようで意外と知らない、酪農のヒミツを学べるクイズに、「高嶺のなでしこ」が挑戦する。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る