人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

国際チーズコンテスト「WCCC2024」北海道「長万部ラクレット」がTOP20に2024年3月12日

一覧へ

NPO法人チーズプロフェッショナル協会は、3月5日~7日に行われた国際チーズコンテスト「World Championship Cheese Contest 2024」(WCCC2024)に出品された28工房の国産ナチュラルチーズ34品のうち、川瀬チーズ工房(北海道・長万部町)の「長万部ラクレット」が世界TOP20に選出されたことを発表。また、前回大会を上回る6品がメダルを獲得するなど、好成績を収めた。

金メダルを獲得し、TOP20 に選ばれた「長万部ラクレット」

WCCC2024の審査会場WCCC2024の審査会場

WCCC2024は、アメリカの酪農地帯であるウィスコンシン州のマディソンで、1957年から隔年で行われている国際的なチーズコンテスト。今大会では世界25か国から3302品が出品され、日本からは34品のチーズが挑戦した。

同大会へ日本のチーズを出品するにあたり、国の支援を得て国産ナチュラルチーズブランド化推進委員会を設置。チームJAPANで出品に臨んだ結果、長万部ラクレットのTOP20を始め、金メダル3、銀メダル2、銅メダル1の合計6つのメダルを獲得した。この結果は、前回の2022年大会における金3、銀1を大きく上回る躍進となった。

金メダルを獲得し、さらに世界TOP20に選出された「長万部ラクレット」は、牧場の新鮮なホルスタイン種とブラウンスイス種の原料乳で生産。良質な土や草で、健康な乳牛を飼養することを心がけ、成分無調整の生乳を使い、2か月以上熟成させている。このほか、金メダルは「プチ・カチョカヴァロ」(葛巻町畜産開発公社・くずまき高原牧場/岩手県)と「加藤牧場濃厚カマンベール」(加藤牧場バッフィ/埼玉県)が獲得した。

この取り組みは、国産チーズ関係4団体(チーズ普及協議会、中央酪農会議、日本チーズ協会、チーズプロフェッショナル協会)が連携し、チームJAPAN(国産ナチュラルチーズブランド化推進委員会)として海外チーズコンテストへの出品事業を推進している。出品チーズは、直近に行われた国内チーズコンテスト2大会(Japan Cheese AwardsとALL JAPAN ナチュラルチーズ コンテスト)の上位入賞者の中から募集した。

金メダルを獲得し、TOP20 に選ばれた「長万部ラクレット」金メダルを獲得し、TOP20 に選ばれた「長万部ラクレット」

◎WCCC 受賞チーズ6品
<金メダル>3品
・長万部ラクレット(川瀬チーズ工房/北海道)
・プチ・カチョカヴァロ(葛巻町畜産開発公社・くずまき高原牧場/岩手県)
・加藤牧場濃厚カマンベール(加藤牧場バッフィ/埼玉県)

<銀メダル>2品
・ブリーズ・ドゥ・メール カマンベール250g(タカナシ乳業/神奈川県)
・雪子(チーズ工房乳ぃーずの物語。/広島県)

<銅メダル>1品
・さけるミルク たまり醤油(高秀牧場チーズ工房/千葉県)

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る