Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「マイピュレ」で普及へ JA全農の国産米新素材2016年8月26日

一覧へ

 JA全農は、米の需要拡大の一つとして、「国産米の万能新素材」を開発し、(株)ABC Cooking Studio(本社=東京都千代区)と提携して普及を進めているが、この素材の愛称を「マイピュレ」と決め、8月25日発表した。今後レシピコンテストなどを開き、利用の幅を広げる考えだ。

米消費拡大に期待されるマイピュレ 「国産米の万能新素材」は、温かいご飯に水や牛乳などを混ぜてミキサーでペースト状にしたもの。食用油や小麦粉の代替となるためマヨネーズや洋菓子、お好み焼き、ペシャメルソースなどに加工・調理できる。
 「マイピュレ」の愛称は、ABC Cooking Studioの会員28万人を対象としたネーミングコンテストで約500の候補から選んだ。「マイ」は「米」と「MY(私の)」、「ピュレ」はフランス語の「puree」に由来。「お米のピュレで自分のオリジナルレシピを発想して欲しい」という意味を込めた。
 JA全農は平成27年から国内料理教室最大手であるABC Cooking Studioと連携して地産地消や国産農産物の多様な利用につなげる取り組みを行っている。
(写真)米消費拡大に期待されるマイピュレ

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る