想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA共済連 災害対策本部を設置-豪雨被害対応2020年7月9日

一覧へ

JA共済連は、九州から本州にかけて広い地域で豪雨被害が発生していることを受けて7月8日に全国本部に災害対策本部を設置した。

災害対策本部長は柳井二三夫代表理事理事長とし、副本部長は代表理事専務、常務理事が務める。

本部では共済契約関係被害状況の早期把握と損害調査やその他共済金支払に必要な事項に対応する。

具体的には8日から査定支援として鑑定人の派遣を実施した。また、浸水被害のあったJAに対して共済端末機、プリンターの貸し出しを実施する。そのほか災害キット(JA共済タオル、軍手、マスクなど)や、避難所の地域住民向けに支援物資(マスク、フェイスシールド、除菌ウェットシート)を全国本部から県本部を通じてJAへ提供する。JA共済連では電話の不通、停電などでJAの支店に連絡が取れない契約者へのサポートとして6日からJA共済ホームページにお問い合わせフォームを開設している。

JA共済連では共済金支払対応の早期完結をめざし、オンラインシステムの休日特別稼働や平日稼働時間延長の実施を検討する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る