Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

東北大学とAgVenture Lab オンライン講座実施2020年10月16日

一覧へ

AgVenture Labと東北大学は10月3日、「農業×テクノロジー」をテーマに、東北大学の学部生、大学院生に向けたオンラインアイデアソンを開催。25人が参加し、農業をテーマとしたアイデア創出のトレーニングを行った。

オンライン講義の様子オンライン講義の様子

今回の取り組みは、東北大学スタートアップガレージ(TUSG)のアントレプレナーシップ醸成の一環として実施。前半の90分では、AgVenture Labが取り組む「農業の課題解決」を中心に、食と農を取り巻くイノベーション事例やJAグループ、AgVenture Labの取組みについて紹介。後半は、日本農業の課題解決に向けて、「農業の労働力不足」「農業の販売力強化」の2テーマを対象に、受講生がグループに分かれ、課題解決に向けたアイデア出し、グループディスカッションを行った。

東北大学は、2030年までに東北大学発ベンチャー100社創出をめざし、学部生・大学院生を対象とした文部科学省次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)や官民イノベーションプログラムによる出資事業、起業家育成拠点であるTUSGの運営を行い、シームレスなベンチャー支援に取り組んでいる。

JAグループが設立したAgVenture Labは、Agtech・Foodtechなどの技術活用や新しいアイデアの社会実装を通じて、農業や社会の課題解決をめざし、「JAアクセラレータープログラム」の開催をはじめ、起業家育成に関わる大学の出講やイベント連携などの活動に取り組んでいる。今後も、イノベーションの創発に向け、将来の起業家候補である大学生の学びをサポートする取り組みを進める。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る