想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「プラチナ大賞」を受賞 JAきたみらい、農研機構等2020年11月10日

一覧へ

イノベーションによる新産業の創出やアイディアあふれる方策と通じ、地域の課題解決に取り組む団体を表彰する「第8回プラチナ大賞」優秀賞・技術革新賞を農研機構が受賞した。

右から農研機構の勝田眞澄理事、JAきたみらいの畠山重文マネージャー、道総研の中辻敏朗企画調整部長、農研機構北海道農業研究センターの下田星児上級研究員右から農研機構の勝田眞澄理事、JAきたみらいの畠山重文マネージャー、
道総研の中辻敏朗企画調整部長、農研機構北海道農業研究センターの下田星児上級研究員

受賞対象は、農研機構が北海道立総合研究機構、きたみらい農業協同組合、十勝農業協同組合連合会と取り組んだ「冬の寒さを利用して人と環境に優しい持続可能な農業を実現」。

この取り組みで、野良イモを駆除するための土壌凍結深制御手法や雪割りのタイミングと期間を求める手法を開発し、これまで天気任せだった雪割り作業を気象データに基づいて科学的に実施できるようになった。
今回の受賞は、大規模土地利用型農業で環境制御を可能とした世界初の取り組みが評価されたことによる。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る