Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
全農ビジネスサポート:センター上:PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

地場産農産物による食育活動で農林水産大臣賞 JA東京むさし小平地区2021年5月7日

一覧へ

農林水産省が4月23日に発表した「第5回食育活動表彰」教育関係者・事業者部門 農林漁業者等の部でJA東京むさし小平地区が農林水産大臣賞を受賞。同JA小平地区は、学校給食への地場産農産物供給を起点に「食べて学んで体験する」食育活動を展開している。

「小平冬野菜煮だんごの日」の生産者による給食の出張授業「小平冬野菜煮だんごの日」の生産者による給食の出張授業

同表彰は、ボランティア活動、教育活動、農林漁業、食品製造・販売などの事業活動を通じた食育関係者の取り組みを称え、その内容を広く周知し、食育を推進するもの。JA東京むさし小平地区は、小平市が推進する地場産農産物を使った「地場産学校給食」の取り組みに呼応し、市内の全公立校への配送体制を支えている。また、給食の出荷調整だけでなく生産者による出張授業や各校の学童農園による体験学習など、多角的な食育活動に取り組んでいる。

学校給食の地場産導入にも取り組み、令和元年度の地場産導入率は31.4%。地場産導入率の向上に当たり配送面と費用面がネックとなっていたが、配送面の整備に対する補助金制度と、各校の給食運営費に地場産農産物の使用実績に応じた補助金制度が整備されたことで、導入率を大きく伸した。

さらに、同JAが生産者とのつなぎ役となり、市内全ての公立小学校で農業体験を提供する学童農園事業や花壇整備事業を実施。児童にとって生産者が身近な存在となり、農業に対する理解が深まるとともに、給食の食べ残しの減少にもつながっている。

JA東京むさし小平支店指導経済課の本多真道課長は「この活動は、栄養士をはじめ学校と市の関係者、そして生産者など多くの協力者によって成り立っている。全ての皆様に心から感謝申し上げるとともに、今後も子供の未来のために更なる協力をお願いします」と話している。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る