Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地元農業に貢献 JAなんすん枝豆部会でボランティア活動開始 雄大グループ2021年7月13日

一覧へ

静岡県東部を中心に飲食・携帯電話販売事業を手がける雄大グループ(沼津市)は、地元農業への貢献活動として、JAなんすんが特産化に力を入れている枝豆の収穫作業のボランティアを7月から開始。初日のボランティアを17日に行う。

JAなんすんで収穫された「えだまめ」JAなんすんで収穫された「えだまめ」

前身のマルイ枝豆出荷組合を含めると50年の歴史があるJAなんすん枝豆部会は、規模拡大をめざしているが、収穫作業には人手が必要になることや地元での認知度向上などの課題がある。

JAなんすん枝豆部会JAなんすん枝豆部会

一方、雄大グループは、これまで取り組んできた地域貢献活動がコロナ禍でストップ。飲食業として地元の食材に貢献しようと再スタートをめざす中、県下のJAグループが、人手不足で苦戦する産地と従業員の働き方改革に取り組む企業へ新しい働き方を提案する「しず農コネクト」に取り組んでいることを知り、JA静岡中央会の仲介で今回の企画が実現した。

収穫ボランティアは9月上旬まで毎週末を中心に行われ、初日のボランティアは17日に実施。沼津市浮島地区で枝豆の収穫作業、脱莢作業を行う。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る