秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「オンライン」と「集合研修」を融合 新人材育成システム運用 JA共済連2022年4月21日

一覧へ

JA共済連は、組合員・利用者の満足度向上をめざし、JAの共済担当職員向けの新たな人材育成支援システム「CAREERSHIP」を導入し4月から運用を開始した。

これまでの研修は集合研修がメインだったが、「CAREERSHIP」はオンラインと集合研修を融合した。

研修のアイテムとして、集合研修のほか、オンライン動画の視聴、確認テスト、Teams研修、アンケートを備える。

集合研修を行う場合も、これらの機能を使って事前研修や事後研修をプログラムするなど、必要な研修を用意できる。

教材作成機能も備えており、オンライン動画に撮影動画の取り込みやパワーポイント資料への自動音声追加などもでき、各種教材を簡単につくることができる。

動画は「いつでも」「どこでも」「何度でも」視聴ができるため、職員一人ひとりに合った研修が受けられる。

学習データを蓄積できることも特徴で、学習の程度に応じた次の研修を準備することもできるため効果的な研修を行うとともに、教材の品質向上にもつながる機能を持つ。

「CAREERSHIP」は、「経験や学びを積んだ船(SHIP)で自信を持ってJA職員としてのキャリア(CAREER)を歩んでほしい」という意を込めて命名したという。

4月からは「CAREERSHIP」を活用した普及担当者(推進リーダー)必須研修や、共済基礎知識研修等、8月からは共済契約税務研修や公的保障研修等の動画を配信する予定。

JA共済連では人材育成支援システム「CAREERSHIP」の活用による効率的、効果的な研修を通じてJA共済担当職員の知識、スキルの定着を支援し、組合員・利用者の満足度向上に取り組んでいくとしている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る