農政 ニュース詳細

2013.06.20 
キノコ原木、全国不足量23万本一覧へ

 林野庁は平成25年5月末時点でのキノコ原木の需給状況についてまとめた。

 全国の供給希望量は前年同期に比べて71万本減の、18都府県で224万本(2万7000立方m)だった。これに対し、供給可能量は同24万本増の、15道県で201万本(2万2000)だった。
 自県での原木確保と供給可能量の掘り起こしが進んだため、全国の総不足量は23万本と、前年同期に比べて248万本減った。
 県別で供給希望量が多いのは、栃木60万本(9240立方m)、茨城37万本(4103立方m)、群馬35万本(3795立方m)など。一方、供給可能量が多いのは、高知86万本(9521立方m)、大分39万本(3100立方m)、宮崎16万本(1800立方m)となっている。

キノコ原木の需給状況

 キノコ原木は福島第一原発事故により、全国的に不足している。このため林野庁は、他県への供給可能量の掘り起こしやマッチングを推進しようと24年から年2回、全国の需給状況をまとめて公表することにしている。


(関連記事)

きのこ情報を満載 JA中野市(2013.04.18)

キノコへのセシウム移行低減技術など 実用技術の緊急課題を採択  農水省(2012.12.26)

キノコ原木不足対策進む 林野庁が需給のマッチングなど実施(2012.12.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ