Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大雨被害 農業者への資金融通を依頼 農水省2014年6月18日

一覧へ

 農水省は、6月16日に、今年の梅雨期の大雨などにより被害を受けた農業者等に対する資金の円滑な融通、既貸付金の償還猶予等がはかれるよう、農林中央金庫などに依頼した。

 今年の梅雨の大雨で一部地域ですでに被害がでているが、今後も大雨などで被害が発生することも考えられ、被害を受けた農業者は農業経営などに支障をきたすことが懸念されることから、被害農業者への資金の円滑な融通、既貸付金の償還猶予などがはかられるよう農水省が農林中金等へ依頼した。
 依頼文書の発出先は農林中金、JA全中、日本政策金融公庫、全国農業信用基金協会協議会、農林漁業信用基金、東北・関東・北陸・東海・近畿・中国・四国・九州の農政局、北海道庁、内閣府沖縄総合事務局あて。


(関連記事)

梅雨期の大雨災害に関する相談窓口設置 公庫(2014.06.18)

【インタビュー】日本農業とJA共済の役割 安田舜一郎・JA共済連経営管理委員会会長(2014.05.16)

雪害対策で奮闘するJA全農(2014.03.20)

台風・竜巻への不安高まる 地球温暖化の影響(2014.02.26)

農業ハウス1万4000損壊 大雪被害(2014.02.25)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る