左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

主食用水稲 5.4万t増の収穫量749万6000t‐28年産2016年12月5日

一覧へ

 農林水産省は12月2日、28年産水稲の収穫量を公表した。

 28年産水稲の作付面積(子実用)は147万8000haで前年産にくらべて2万7000ha減少した。うち主食用作付面積は138万1000haで前年産にくらべて2万5000ha減少した。 作柄は生育期間を通じておおむね天候に恵まれたため、全国の10aあたり収量は前年産より13㎏増加して同544㎏で収穫量(子実用)は804万2000tが見込まれている。同5万6000t増加の見込み。このうち主食用の収穫量は749万6000tで前年産に比べ5万4000tの増加が見込まれる。
 農家が使用しているふるい目幅ベースの全国作況指数は103。ふるい目幅重量分布を全国平均でみると、1.85mm以上の玄米の重量割合は96.4%と見込まれ、直近5年平均値にくらべ0.4ポイント高くなっている。
 なお、陸稲の作付面積(子実用)は944haで前年産にくらべ216haの減少、収穫量(子実用)は2060tで前年産にくらべ640tの減少となった。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る