想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

家庭で牛乳乳製品「プラスワン」を 生乳廃棄防げ-農水省が緊急プロジェクト2020年4月21日

一覧へ

 新型コロナウイルス感染症の拡大で業務用を中心に需要が大幅に落ち込んでいる牛乳乳製品だが、生乳生産のピークとなる6月に向け、農水省は「行き場を失う生乳が発生する懸念がある」として家庭内での牛乳乳製品の消費を呼びかけている。4月21日、日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」を緊急にスタート、「毎日牛乳もう(モ~)1杯、育ち盛りはもう(モ~)1パック」をキャッチフレーズに18歳未満の若者、子どもたちがコップ1杯分(200ml)牛乳を飲む量を増やすことで生乳廃棄を避けられると理解を求めている。

家庭で牛乳乳製品「プラスワン」を


 3月の全国一斉休校により、日量2万tの生乳供給量の約1割を占める1日1900tの学校給食用牛乳がキャンセルされたことに加え、4月の緊急事態宣言で店舗の臨時休業など業務用需要も減少している。さらに4月16日に緊急事態宣言の対象が全国に広がったことでこれまで以上に業務用需要が減少する懸念がある。

 これまでに学校給食用牛乳の供給停止にともなってバター・脱脂粉乳への仕向けのために価格差を支援を実施(緊急対応策第2弾)したほか、脱脂粉乳の在庫を抑制するため飼料用に仕向ける支援(緊急経済対策)を実施しているが、大手コーヒーチェーンの臨時休業や、ホテル、土産用菓子などの需要減で生クリームを中心に業務用乳製品の需要が大きく減少している。

 農水省が業界に聞き取ったところ、業務用需要は3月は対前年比2割減、4月は同5~7割減だという。

 こうしたなか農水省は今後、長期保存が可能なバターやチーズにより仕向けるため、農畜産業振興機構(ALIC)の事業費19億円を活用して需給調整に協力する乳業メーカーを支援する新たな対策を打ち出すことにしている。

 ただし、バターやチーズの製造能力にも限界があるため、酪農家が生産した生乳が行き場を失うことを避けるため、家庭で牛乳やヨーグルトを一層消費してほしい、と呼びかけている。

 乳牛は春先が出産のピーク、出産後の1~2か月がもっとも乳量が多く6月に生乳生産のピークを迎える。

 一方、休校や外出自粛などで牛乳乳製品の家庭内消費は増えてはいる。4月6日から12日では家庭用1L牛乳は対前年比117%で3790t増加した。農水省は生乳廃棄の事態ともなれば「酪農家が生産意欲を失ってしまう」と懸念する。

 18歳未満は約2000万人。週に1回、コップ1杯分(200ml)牛乳を飲む量を増やすと学校給食牛乳1週間分(9500t)の約4割の相当する量が消費されることになるという。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る