Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

いつでも入学可能 コロナ禍の失職者へ対応も 日本農業実践学園2020年7月14日

一覧へ

茨城県水戸市にある日本農業実践学園は、今年7月から通年入学できるカリキュラムを新設した。雇い止めや失職者にも対応したもので、入学希望者はいつでも入学し、寮生活のもとで農業技術を取得できる。

農業実践力養成科で農業を学ぶ学園生農業実践力養成科で農業を学ぶ学園生


新カリキュラムを設けたのは、社会人対象1年コースの農業実践力養成科で、学園の農場(50ha)での実習を中心に授業、生活を通じて農業生産や経営について学ぶことができる。稲作、野菜、有機野菜、サツマイモ、畜産(牛、豚)、農産加工などの選択科目がある。1週間、3か月などの短期間履修コースもあり随時入学も可能。

同学園の籾山旭太学園長は「農業の価値を見直す流れがあるが、新型コロナウイルス感染症の拡大で雇い止め、失職者のなかには、新たに農業に挑戦したいという人が増えている。学園には新規に就農できるまで支援する体制ができている」と入学を呼び掛けている。問い合わせは同学園(電)029-259-2002(籾山、高橋)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る