左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:TPP阻止へ! 現場から怒りの声

消費者と連携して反対を【神奈川県大和市・野菜農家 高橋マス子さん】2016年11月7日

一覧へ

【神奈川県大和市・野菜農家 高橋マス子さん】
 神奈川県大和市・野菜農家 高橋マス子さん(11月4日の「TPPを批准させない! 全国共同行動」の活動に参加。午後4時半ごろに衆院TPP特別委員会で強行採決)
 非常に残念です。自民党が多数という状況ではありますが、地域ではTPPが通ったら不安だという声はすごくあります。農家だけではなくて消費者もすごく不安に思っています。食の安全が壊されるという点ではみんな心配しています。だからTPPは通してはいけないと思っています。
 まだ参議院の審議がありますから、地域で消費者の方と連携してがんばることがいちばん大事です。
 食や農業分野でもTPP協定の中身についてはまだまだ知られていないことが多いと思います。さまざまな小委員会が設置されて食の安全が脅かされることや、7年後には再協議ということなど、なし崩しです。
 そのことが国会審議で明らかにされていません。交渉の経過については4年間秘密だといって明らかにしません。多くの国民の声が届いたのかと思います。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る