Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:TPP阻止へ! 現場から怒りの声

世界に誇る輪作体系が壊滅【白石淳一 農民運動全国連合会会長】2016年11月9日

一覧へ

【白石淳一 農民運動全国連合会会長】
白石淳一 農民運動全国連合会会長 北海道の岩見沢でジャガイモ、小麦、ビート、タマネギを約20haで栽培しています。北海道の畑作の特徴は輪作体系が確立していることで、世界でも誇れる優れた農業が行われています。地帯です。それが先の台風で冠水し、表土が流されるなど大きな被害を受けました。いまだ復旧できないところがあり、ジャガイモの後作の秋まき小麦の種まきができなかったため、輪作体系が崩れてしまったところが多くあります。このような中でTPPが発効すると小麦、ビートなど、北海道の畑作へ大きな影響が予想され、輪作は壊滅的な状態になってしまいます。
 また畑作と並んで北海道の農業を支えているのは畜産ですが、TPP協定によると、牛肉は現行の38.5%の関税が、16年以後は9%になるとなっています。これではとてもアメリカやオーストラリアの輸入牛肉に太刀打ちできず、経営にとって重圧になります。肉用牛生産者は先行き不安から、価格の高い今、子牛を売って経営をやめようかどうか迷っています。
 TPPを阻止できれば北海道農業の活路が開けます。なんとしても批准を阻止しなければ成りません。北海道内でも農民の不満が高まり、各地域で反対運動が起こっています。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る