農薬 ニュース詳細

2016.10.26 
千葉県に「アグソリューションファーム成東」開設 BASF一覧へ

 BASFジャパン(株)は千葉県山武市に、生産農家の支援を目的に、農薬製品の研究拠点「アグソリューション成東」を開設。2017年1月からの稼働を予定している。

 BASFは、果樹園芸・野菜の生産量が多い関東に拠点を設け、実際の生産現場に近い条件で試験を行うことで、生産者のニーズに合致する充実した技術サービスを提供していく。
 「アグソリューション」は、アグリカルチャーとソリューションを組み合わせた造語で、農業のさまざまな課題に取組み、革新的な解決策を生み出すBASFの企業姿勢を表したものだ。
「生産者のニーズに迅速に対応するため、BASFは研究開発の拠点となるアグソリューションファームを、世界各地の生産者の近くに設置しています。今回新たに設けた拠点から、日本の生産者のためにより良い製品を生み出していけると確信しています」とBASFジャパン化学品・農薬統括本部のレアンドロ・マルティンス執行役員は述べている。
 アグソリューションファーム成東は、公益財団法人 日本植物調節剤研究協会の千葉支所敷地内に設置される。同拠点の設立に伴い、愛知県の田原研究所は2016年12月末で閉鎖される。
 BASFは、ナリアWDGやシグナムWDGなどの果樹園芸用殺菌剤、ゴーゴーサン乳剤・細粒剤Fなどの園芸用除草剤、カスケード乳剤やプリンスフロアブルなどの果樹園芸用殺虫剤など、充実した園芸用製品ポートフォリオを有している。
 またパイプラインには、現在同社が世界各地で開発・登録を進めている新規の除草剤、殺菌剤、殺虫剤があり、今後も有益な新テクノロジーを生産者に提供していく。
 BASFは今後も、充実した製品ポートフォリオと技術サービスにより、農業分野における同社の主導的地位を強化していく方針だ。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ