左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

デュポンとの合併に向け エチレンアクリル酸コポリマー事業を売却 ダウ・ケミカル2017年2月7日

一覧へ

 ザ・ダウ・ケミカル・カンパニーは、エチレンアクリル酸(EAA)コポリマー及びアイオノマー事業を、SKイノベーションの子会社であるSK総合化学に売却する。

 この売却は、ダウとデュポンの合併に関する承認を、関連当局より得るために必要な取引の一環だ。EAA事業の売却は、ダウとデュポンの合併取引の完了、その他各国の労働法、企業法の審査を前提として実行される。なお同社は、EAAコポリマーの代表的な製造メーカーだ。
 ダウのアンドリュー・リバリス会長兼CEOは、「今回の売却の発表は、競争法上の議論を進める上で大きな前進となる。われわれは、合併に向けた承認を得るべく、総ての競争法や関連当局からの疑問点に答え、引き続き建設的に取り組んでいく」とコメントした。
 現時点の状況において、ダウとデュポンの合併は、総ての関連当局による承認後、2017年上半期に完了することが見込まれている。合併完了から約18カ月後、ダウとデュポンが計画している事業分割を実施する予定だ。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る