左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

平成29年第1四半期 売上高は128億円 日本農薬2017年2月16日

一覧へ

 日本農薬(株)は2月14日、平成29年9月期第1四半期(平成28年10月1日~平成28年12月31日)の連結決算を発表した。売上高は128億17百万円だった。

 同社グループの第1四半期実績は、中核事業である農薬事業の過半を占める北半球での販売が、不需要期にあたる季節的要因から、他の四半期実績に比べ売上高などが低水準に止まる傾向がある。
 同期売上高は、前年に連結子会社化したブラジルのSipcam Nichino Brasil S.Aの業績を同期より連結業績に含めたこともあり、128億17百万円(前年同期比72.0%増)となった。
 利益面では、営業利益△3億88百万円、経常利益は△2億16百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は△5億81百万円となった。
 国内農薬販売では、園芸用殺虫剤「フェニックス」、「コルト」を始めとする主力自社開発品目の普及拡販に努めた。また農薬原体販売では、園芸用殺虫剤「コテツ」、「ハチハチ」などの当用期に向けた販社への荷動きが早まり、国内販売全体の売上高は前年同期を上回った。
 海外農薬販売では、米州での販売が好調に推移した。品目別では、取引価格が高く推移した棉の作付面積が拡大したことから、Nichino America,Inc.の主力品目である棉落葉剤「ET」の売上高が伸長した。またブラジルの子会社業績を連結業績に含めたこともあり、為替は円高基調で推移したが、海外販売全体の売上高は前年同期を上回った。
結果、農薬事業の売上高は117億45百万円(前年同期比53億65百万円増、84.1%増)となり、営業利益は△3億92百万円(同6億44百万円増)となった。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る