左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品ロス解決のアイデア募集 高校生「食のアイデアコンテスト」2020年6月2日

一覧へ

人間総合科学大学(埼玉県さいたま市)のヘルスフードサイエンス学科は、高校生を対象に「第2回 食のアイデアコンテスト」の募集を開始した。

高校生「食のアイデアコンテスト」
今回で2回目となる同コンテストは、「保存食材を使った簡単アレンジレシピ」と「家庭で食品ロスを減らすには?」の2つのテーマに沿ったアイデアを募集し、最優秀賞と優秀賞、特別賞を決定する。2019年に行われた第1回コンテストでは「簡単便利な朝食レシピ」と「食品ロス」をテーマに、応募総数が300件にのぼった。

今回の募集テーマ「保存食材を使った簡単アレンジレシピ」では、新型コロナウイルスの感染予防として、政府からスーパーへの買い物へ行く回数を減らすなど注意を喚起される中、食材の買い足し回数の軽減につながり、賞味期限切れの心配も少ない「保存食」に着目し、家庭での活用レシピを募る。

また、2つ目のテーマ「家庭で食品ロスを減らすには?」では、新型コロナウイルスの影響により飲食店で使用されるはずだった食品が消費されずに、余剰食材として廃棄となってしまうなどの報道がある一方、食品ロスの約半数は一般家庭からの排出といわれており、多方向からの「食品ロス」が深刻化している。そこで、家庭で簡単に取り組める「食品ロス」を解決する具体的なアイデアを募集する。

「食」を取り囲む環境が変化する中、同大学では「食のアイデアコンテスト」の実施により、高校生の「食品問題」に関する意識を高め、外出を控える中でも手軽でおいしい食事を楽しめる取り組みを進めていく。

 
<募集要項>
(1)ここ・から健幸グルメ部門
テーマ:保存食材を使った簡単アレンジレシピ
(2)「食」の課題解決部門
テーマ:家庭で食品ロスを減らすには?

応募期間:6月1日~7月31日
結果発表:8月23日
応募資格:高校生(同年齢)
応募方法:A4サイズ2枚以内にまとめたアイデアをホームページの宛先に送付
表彰:最優秀賞(1人)表彰状(副賞)図書カード3万円、優秀賞(5人)表彰状(副賞)図書カード5000円、特別賞(10人)表彰状(副賞)図書カード3000円

 
【食のアイデアコンテスト】

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る