想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「ふくしまの米」PRのユニフォーム発表 福島ユナイテッドFC2020年8月31日

一覧へ

サッカーJ3の福島ユナイテッドFCは、稲刈りのシーズンを迎える秋季期間のリーグ公式戦で、「ふくしまの米」をPRするユニフォーム(米ユニ)を着用する。夏季シーズンの桃ユニに続き、ふくしまの米をアピール。米ユニには、同FC農業部パートナーのJA全農福島、福島民報社と新たに菅野建設工業がサポートに加わった。

「ふくしまの米」PRのユニフォーム発表 福島ユナイテッドFC

福島県は、コシヒカリやひとめぼれ、天のつぶなどの米を栽培しており、日本穀物検定協会による令和元年産米食味ランキングでは、福島県産米4銘柄が最高位を獲得。3年連続で獲得数日本一になるほど、美味しさでも定評がある。

同FCでは、東日本大震災・福島第一原発事故に伴う福島県産品への風評の払しょくに繋げようと、2017年より桃ユニフォームを発表してきたが、今年は実りの秋に向けて、同FC農業部で、2018年より取り組んでいる「お米」をモチーフにしたユニフォームをつくった。J3リーグ公式戦で着用し、「ふくしまの米」を広くアピールする。

ユニフォームは、イエローをベースカラーに、稲刈りの時期に福島の田園地帯に広がる美しい黄金色をボディとシェブロンラインに採用。たわわに実る稲穂のイラストを入れ、収穫を迎えられた喜びと感謝の気持ちを表した。

ユニフォームを着用する副キャプテンの橋本拓門選手は、「今季は初めてお米のユニフォームを着用できるということで、今からとてもワクワクしています。桃ユニと同様、米ユニを着用できる機会を作ってくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。また、実際に農業に携わらせていただいていることで、農家の皆様の苦労や大変さを身に染みて感じております。僕たち選手ができることは、この米ユニを着て、福島の農業やお米の魅力を、少しでも多くの方に伝えられるように、ピッチで全力を出して勝利を目指すこと。そこに向かってチーム一丸となり頑張っていきたい」とシーズンへの意気込みを述べた。

また、福島の米PRユニフォームパートナーで、JA福島県本部の渡部俊男県本部長は「『ふくしまの米』の品質は全国トップクラス!福島ユナイテッドFCも『米ユニ』でテッペン目指して戦ってください」とチームにエールを送った。

米ユニは、8月29日12時から公式オンラインショップで予約販売。合計60着限定。1万2100(税込)。

【公式オンラインショップ】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る