Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

秋田県大仙市産の新米 単一農家米「金芽米タニタこまち」予約販売開始2021年9月22日

一覧へ

タニタは9月21日、同社の国内生産拠点、秋田工場がある秋田県大仙市産「あきたこまち」の新米を東洋ライスの独自精米技術で「金芽米」に加工し、「金芽米タニタこまち」として、タニタオンラインショップで予約販売を開始した。

有機質肥料で育てた単一農家米を使った「金芽米 タニタこまち」有機質肥料で育てた単一農家米を使った「金芽米 タニタこまち」

「金芽米タニタこまち」は、タニタが契約する大仙市の生産者が有機質肥料で育てた単一農家米を、玄米の栄養を残した金芽米に加工。この時期だけ味わえる新米ならではの風味に加え、栄養価を高めた。9月に収穫された「あきたこまち」の新米を100%使用している。

大仙市は仙北平野の湧水を活用して古くから稲作が盛んで、東北第1位、全国第2位の米の生産地で、「あきたこまち」は香り、うま味、甘みのバランスが良いお米といわれている。

「金芽米」は、通常の精米時に糠とともに取り去られてしまう「亜糊粉層」を独自の精米技術によって残した無洗米。通常の白米に比べて、ビタミンB1が約7倍、食物繊維が約1.8倍、オリゴ糖は約12倍含まれており、栄養価が高い。また、亜糊粉層に多く含まれている酵素が炊飯時にでんぷん層を分解することで、良質な甘み・旨みを生み出す。

さらに、亜糊粉層は水分を多く吸収するため、炊き上がった際にごはん一粒一粒がふっくらとふくらむ。同じ量のご飯を通常の白米よりも少量で炊くことができ、カロリー約17%、糖質約14%のカットを実現した。

内容量は5キログラム。数量、期間ともに限定販売で、価格は3000円(税込)。発送時期は10月、11月、12月から指定でき、最終分となる12月分の受け付け締め切りは12月10日23時59分。

【タニタオンラインショップ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る