Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

千葉市と連携で「若年層と農業者のマッチング事業」開始 おてつたび2021年9月27日

一覧へ

株式会社おてつたびは千葉市の新規就農施策の一環として、若年層の就農意欲を高めるきっかけづくりを目的に、千葉市と「若年層と農業者のマッチング事業」で連携。首都圏から日帰りで行ける千葉市内のおてつたび先を9月中旬から順次掲載している。

千葉市と連携で「若年層と農業者のマッチング事業」開始 おてつたび

同社は、季節的・短期的な人手不足をキッカケに地域の関係人口を創出するマッチングサイト「おてつたび」を運営。今回の事業では、これから職業選択を考える若者が、千葉市内で農業経験や交流をすることで、将来の就農意欲を含め農業に対する意識・課題に及ぼす影響を把握することを目的としている。さらに、今回得られた若者の就農意欲に関する調査結果は、千葉市の農業の担い手の確保・育成事業に反映させることをめざしている。

「おてつたび」は人手不足で困っている地域の農業者と、農業や地域に関心が高い若者を繋ぐマッチングプラットフォームを提供。若者が農業を手伝うことで、将来の就農への意欲を高めるきっかけづくりをめざす。

◎千葉市でのおてつたび先(一部)

■ベジフルファーム
実施日:9月29日
作業内容:小松菜の収穫や出荷

■Farm MoWG
実施日:9月30日
作業内容:キャベツやブロッコリーの定植

■山下ファーム
実施日:9月30日
作業内容:稲刈り

■ファームサポート千葉合同会社
実施日:10月22日
作業内容:さつまいもの収穫

■あんばい農園
実施日:10月中旬
作業内容:落花生の収穫

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る