秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

無印良品から昆虫食の第二弾「コオロギチョコ」新発売 良品計画2021年12月14日

一覧へ

無印良品を展開する株式会社良品計画は12月15日、コオロギを食材に使った昆虫食の第二弾として、プロテインバー「コオロギチョコ」(190円・税込)を全国の「無印良品」限定221店舗と公式ネットストアで発売。コオロギパウダーやミルクチョコレートのほどよい甘味とザクザクした食感が楽しめる。

無印良品から昆虫食の第二弾「コオロギチョコ」新発売 良品計画

世界の急激な人口増による将来の食糧不足に備えて「昆虫食」が注目される中、同社は、「今後の食糧確保と環境問題などの課題を考えるきっかけになれば」との思いから昆虫食の商品化を始め、"昆虫食の先進国"といわれるフィンランドを訪問するなど情報を収集。その結果、コオロギに関する知見が豊富な徳島大学発ベンチャーの株式会社グリラスと協力し、コオロギを食材とする取り組みを進め、2020年5月には、無印良品で初の昆虫食として「コオロギせんべい」をネットストアで発売した。

食べごたえのあるプロテインバーの「コオロギチョコ」食べごたえのあるプロテインバーの「コオロギチョコ」

新発売の「コオロギチョコ」は、無印良品が取り組む昆虫食の第二弾。コオロギパウダーをはじめ、大豆パフやきなこなどの大豆由来成分を配合し、1本に約15gのたんぱく質を含むプロテインバーに仕上げ、朝の忙しい時や小腹が空いた時など、片手で手軽に、たんぱく質を摂取できる。コオロギパウダーのほか、甘さ控えめのミルクチョコレートとオレンジ果汁パウダーを使い、ミルクチョコのほどよい甘さに、オレンジのさわやかな風味がアクセントとなっている。また、大豆パフをたっぷりと加えており、食べごたえのあるボリューム感と、ザクザクした食感が楽しめる。

昆虫は、主に動物性たんぱくが資源の家畜に比べ、主要な栄養素を体内に多く含むため、栄養素を効率よく摂取できる。また、生育の際に必要な水やエサの量、温室効果ガスの排出量も圧倒的に少なく、環境負荷が軽減されるといわれ、国連食糧農業機関(FAO)も、栄養価が高く環境への負荷も少ないという理由から、家畜の代替として昆虫食を推奨している。コオロギは、昆虫食の中でも、飼育しやすく、効率的に生産できることから食材として国内外で注目されている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る