人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

植物性原料による代替肉の市場規模 2020年~2028年にCAGR20.4%で成長2022年1月7日

一覧へ

グローバルインフォメーションは1月5日、市場調査レポート「植物性代替肉の世界市場:原材料別(大豆、エンドウ、小麦)、製品別(ハンバーガー、ソーセージ)、タイプ別、エンドユーザー別、保管方法別、地域別の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2020年~2028年)」(Grand View Research, Inc.)の販売を開始した。

同レポートによると、植物性原料による代替肉の市場規模は、2020年に41.9億米ドルとなり、2020年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)20.4%で成長すると予測されている。

植物由来の食生活に対する消費者の関心が高まっていることに加え、福祉団体を通じて動物の権利に対する意識が高まっていることが、市場の成長を後押しすると考えられる。植物性の肉は、動物性の食品を食べないベジタリアンであるヴィーガンの食生活に不可欠な要素。消費者は、健康上と倫理上の理由からヴィーガンに傾倒しており、同時に、動物虐待を避け、持続可能な食品・飲料製品を消費するためにベジタリアン食材を選ぶ消費者もいる。

原材料としての大豆は、人体の成長に欠かせない9種類のアミノ酸をすべて含み、最終製品の吸水性、溶解性、乳化性、粘性、抗酸化性、食感を向上させる能力を持つことから、今後も、植物性食肉製品における大豆の需要を牽引すると考えられる。

鶏肉、豚肉、牛肉、魚介類の代替となる植物性肉が引き続き人気を博しており、市場の成長に寄与。冷蔵植物性肉の急激な成長は、2020年から2028年まで続き、製品イノベーションとマーチャンダイジング戦略の高まりが、市場の成長を後押しすると考えられる。

新型コロナウイルスの影響で、食品業界は供給の中断、生産現場へのアクセス制限、流通経路の混乱など、大きな影響を受けた。こうした制約があったにもかかわらず、植物由来の企業は適応し、新製品を発売して売上を伸長。外食産業の流通が著しく制限されたため、パントリーへの備蓄や買いだめにより、小売店での売上は前年比で大幅に増加した。このパンデミックによるロックダウンで、消費者はオンラインで商品を注文するようになり、それに伴って流通業者もオンラインでの販売に移行するようになった。

米国では、菜食主義の健康効果に対する意識が高まっていることから、植物由来の肉の需要が増加しており、食物繊維、ビタミンC、鉄分を多く含み、飽和脂肪の少ないベジタリアン食品への需要が上昇。また、保存期間が長く、食感や香りが良く、栄養価の高い製品を作るため、メーカーは24時間体制で努力を続けており、米国の市場成長に拍車をかけている。

2020年は、45.0%を上回るシェアで、大豆由来の肉が市場をリードした。大豆は分岐アミノ酸(BCAA)の優れた供給源であり、運動パフォーマンスの向上、激しい運動からの回復、筋肉量の構築と強化などの効果があり、今後も着実な成長を遂げると考えられる。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る