おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

第10回「地域の居場所づくりサミット」オンライン開催 キユーピーみらいたまご財団2022年5月27日

一覧へ

キユーピーみらいたまご財団は6月11日、子ども食堂などの運営や支援活動に関する情報提供と交流を目的に第10回「地域の居場所づくりサミット」をオンラインで開催。好評だった前回と同様、午前の部、午後の部で2回で開かれる。

午前・午後いずれも第1部は、「キユーピーみらいたまご財団事業説明会」で、2022年度の助成事業状況と2021年度助成団体の活動報告、キユーピーみらいたまご財団理事の古田秘馬氏の講演が行われる。第2部は、「地域の居場所づくり講座」で「子ども食堂・居場所の再開に向けて」をテーマに課題提起と事例紹介。また、一般社団法人ともしびATだんだん代表理事の近藤博子氏の講演後、交流会を実施する。交流会は、サミット参加者がグループに分かれ、参加者同士で支援方法や課題、悩みの解決に向けて話し合う。参加は、事前申し込み制。全国食支援活動協力会への電話またはホームページから。先着順で定員80人まで受け付ける。

キユーピーは、「食」に関わる社会課題の解決に貢献するため、2017年4月に、キユーピーみらいたまご財団を設立。食育活動や子どもの居場所づくり、貧困対策などに取り組む団体への寄付を中心に活動している。2022年度は過去最多の247団体に助成した。

【全国食支援活動協力会】

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る