Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食味良く収量も多いソバ新品種「夏吉(なつきち)」2016年10月17日

一覧へ

 農研機構は10月12日、東北地方で春播き栽培に適したソバ新品種「夏吉(なつきち)」の育成を公表した。東北で夏でも新ソバが収穫できる。

 東北地域のソバ栽培は、これまで7月下旬から8月にかけて播種し、10月以降に収穫する夏播きが主流だった。春播き栽培は他地域より先に新ソバを出荷できることから、東北地域の生産団体で作付の取組みが行われている。しかし、従来の早生品種では成熟期が遅く、収量が低いため春播き栽培に適した育成が求められていた。
 「夏吉」は、既存の早生品種「階上早生(はしかみわせ)」よりも成熟期が早く、収量が多い品種。またソバ麺の食味評価も同品種より高い。
 今後は秋田県羽後町の春播き栽培(30ha以上)をはじめ東北地域での普及が見込まれている。
 種子入手先に関する問い合わせ先は、農研機構東北農業研究センター 企画部 産学連携室 産学連携チーム 電話: 019-643-3443 ファックス: 019-641-7794。
 利用許諾契約に関する問い合わせ先は、農研機構本部 連携広報部 知的財産課 種苗チーム 電話: 029-838-7390 ファックス: 029-838-8905。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る