Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型植物工場「未来農園」で小ネギの生産販売開始 買い付け先を募集 アトラス2021年5月21日

一覧へ

アトラス(株)は、最先端テクノロジーを活用した植物工場「未来農園」で生産した完全無農薬の小葱の販売を開始。年間250トンの小葱の買い付け先を募集している。

新型植物工場「未来農園」で小ネギの生産販売開始 買い付け先を募集 アトラス

「未来農園」は、完全閉鎖型・高断熱植物工場で季節にかかわらず周年栽培ができる。栽培期間が苗から14日であるため、収穫期に出荷量が過大となったり、端境期に不足したりすることがなく、生産設備は建物内に完全閉鎖型で設置されるため異常気象や台風の被害で出荷できなくなるリスクもない。また、生産ロットを複数組み合わせ決まったサイクルで生産するため毎日収穫・出荷でき、取れたての鮮度の高い野菜を届けられる。

今回の募集は年間250トンの生鮮ネギ、カットネギで、枠に達し次第、募集を終了する。小葱は気候変動により葉先が枯れて腐る現象が発生し、露地・ハウスでは生産しにくくなっている。同社は、植物工場で初めて小葱を生産する技術を開発。香りがよく食べやすい品種「小春」は生鮮品バイヤーから高く評価されている。また、「未来農園」は完全閉鎖型であるため完全無農薬で栽培できる。

今後は、「未来農園」で栽培する農作物を順次拡大。葉物野菜の栽培検証はすでに実施済で、需要に応じ生産を準備する。また、穀物類、イチゴなどの人気フルーツにも対応し、稲作では、専用の品種で栽培期間を1か月に短縮し、15坪で32反分の年間収穫量に相当する生産性を実現する。

【「未来農園」説明会申し込み】

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る