秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

熱帯林の総生産量 リン制限で従来予測より36%減少 陸域の炭素収支モデルの予測精度向上へ2022年11月25日

一覧へ

国際農研と高知大学が参画する西シドニー大学(オーストラリア)のDavid Ellsworth教授が主導する国際的な熱帯林樹木の光合成能力を解明する研究グループは、世界4大陸の熱帯林から得られた実測データを基に、熱帯で不足しがちなリンが光合成をどの程度制限しているのか解明。リン制限により熱帯林の総生産量は従来の予測より36%減少していることがわかった。

マレーシアの熱帯林(左)と林冠クレーンのゴンドラマレーシアの熱帯林(左)と林冠クレーンのゴンドラ

同研究グループはこのほど、植物の必須元素の1つであるリンによる光合成の制限を、森林の総生産量を予測するモデルに組み込むと、これを組み込まない場合に比べ、全世界の熱帯・亜熱帯林の総生産量が36%減少することを明らかにした。

熱帯林は陸域生態系の総生産量の三分の一以上を占め、気候変動の緩和と適応に重要な役割を果たしている。一方、熱帯地域の土壌は風化が進み、リンが不足しているが、リンがどの程度光合成を制限しているかについては実測データが少なく、森林の総生産量への影響も不明だった。

そこで、世界4大陸の52のサイトで実測したデータを解析した結果、葉内のリン濃度と光合成能力の関係、すなわち、窒素が豊富でもリンが不足すれば光合成が制限されることを明らかにした。さらに、森林の総生産量を予測するモデルにリン制限を組み込むことで、リン制限が全世界の熱帯・亜熱帯林の総生産量に与える影響を定量化することに成功した。

この研究は、熱帯地域では、リンが光合成に与える影響が既往の想定よりもかなり大きいことを見出したもの。陸域の炭素収支の予測精度向上に貢献する。

同研究の成果は、科学雑誌『Nature Communications』(8月25日)に掲載された。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る