想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

密苗直進アシスト田植機を来年3月発売 ヤンマーアグリ2020年10月15日

一覧へ

ヤンマーアグリ(株)は施肥量を自動でコントロールし、効率的な肥料散布を行う密苗直進アシスト田植機 可変施肥仕様「YR8D,XVTSD」を2021年3月1日に発売する。

密苗直進アシスト田植機 可変施肥仕様「YR8D,XVTSD」イメージ密苗直進アシスト田植機 可変施肥仕様「YR8D,XVTSD」イメージ

近年の稲作は、経営面積の大規模化や作業効率向上でほ場の大区画化が進む一方、ほ場の地力低下や地力のバラツキが起こり、収量や生育・品質の均一化が課題となっていた。そこでヤンマーは、生育の均一化と収量の安定化を目指し、施肥マップデータに基づいた適正量を肥料散布できる同製品を投入することにした。

 施肥マップデータの取り込みの様子 施肥マップデータの取り込みの様子

主な特長では、ユーザーが作成した施肥マップデータを田植機に取り込むことで、移植作業時の施肥量を自動でコントロール。幼穂形成期にほ場を撮影し、生育状況を見える化するリモートセンシングで作成した施肥マップデータを活用することで、より高精度な施肥散布を実現した。これにより、各ほ場の収量や生育、品質の均一化が期待できる。

さらに、GNSS(Global Navigation Satellite System)アンテナで機体の位置を高精度に測位し、リアルタイムに車速を算出。スリップ時の施肥量を自動調整することで、常に施肥マップデータに基づいた適正量の肥料散布を可能とした。操作は簡易のタッチパネルで行い、使いやすさと精度の両立を実現した。

価格は445万5000円~450万5000円(税抜、メーカー希望小売価格)。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る